Omihatiman (part 4)

              Omihachiman (Part 4)

 

 

    What fascinates me most in Omihachiman is food. Omi-beef is a must. We can taste the beef at a reasonable price at some restaurants spotted around Machiman-bori moat. Again I am inclined to imagine the scene that Vorelis might eat such tender and juicy beef with good appetite here, too! Sweets are also recommendable. Once we eat it, we will soon become addicted to Baumkuchen at Harie Club near the moat. The delicately soft and sweet Baumkuchen that differs from traditional ones is well coordinated to our Japanese tongue. Inside the café we can have the freshly baked Baumkuchen over a cup of coffee, looking out at the well-cared western-style garden. Spending time in the café really makes us feel comfortable for a moment.

Omihachiman is always an appealing town to visit whenever we go, particularly cherry-blossom season in April and autumnal foliage season in November. We might also have a chance to come across an attempting event in other seasons, so do not forget to check it out before going!

 

 

                            近江八幡(4)

 

 

     近江八幡で私を魅了してやまないものは食べ物です。近江牛は絶対です。八幡堀周辺に点在するレストランではそこそこのお代で近江牛を味わうことができます。ヴォーリズもこんなに柔らかくてジューシーな牛肉をおいしそうに食べたかもしれないとここでもまた想像したくなります!スイーツもおすすめです。堀近くのハリエ・クラブのバームクーヘンは一度食するとやみつきになります。伝統的なものと違い微妙にソフトで甘いバームクーヘンは私たち日本人の口によく合います。カフェ内では、手入れの行き届いた西洋式庭園を見ながら、コーヒーを飲みつつ、焼きたてのバームクーヘンを味わえます。このカフェで時間を過ごすとしばらくの間心地よい気分にしてくれます。

 近江八幡はいつ来ても魅力的な町です。4月の桜の季節や11月の紅葉の季節が特におすすめです。その他の季節の素敵なイベントにも遭遇する機会があるかも知れません。ですからお出かけ前によくお調べ下さい!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    茨木政子 (木曜日, 17 1月 2013 03:45)

    滋賀に住んで28年…経ちますが…近江八幡へは武藤くんの方が多く行ってるかもね…(笑)クラブハリエの焼きたてのバームクーヘンは、私も、大fanです。
    BCC教室のホームページとっても参考になりました!!私もECC教室をまだまだ頑張りますね!!!

What's New