サンダーバードは雷鳥か

     “Thunder Bird” or “Snow Grouse”

Do you know that the English name for “Raityou (雷鳥)” is “Snow Grouse”? REALLY? Then, most of us Japanese will say, “What about the name “Thunder Bird”?” In fact it’s not a correct English name for “Raityou”, but I must admit, even as an English teacher, that it’s easier to remember for Japanese people. Moreover, the nickname “Thunder Bird” has a long history in Japanese Railways. Tens of super express trains named “Thunder Bird” still run between Hokuriku district and Kansai area every day and everybody loves its name and knows that the name comes from the bird “Raityou (雷鳥)”. I also support the idea of its naming, according to my experience as one of the nature lovers. I never see “Raityou” birds, living only in high Japan Alps, without being involved in the bad weather like foggy and “thunder” storm. They must be well protected by mountain climbers because the number is limited and decreasing. Instead, we can freely “touch” and “catch” the “Thunder Bird” trains. I secretly hope that “Thunder Bird” will be another English name for “Raityou (雷鳥)”. What do you think?

                              

                                 サンダーバードは雷鳥か?

雷鳥の英語名が“Snow Grouse(スノーグラウス)”なのをご存知ですか。ええっ、本当ですか?さらに、たいていの日本人はこう言うでしょう。「サンダーバード」の名はどうなるのですかと。実際、それは雷鳥の正しい英語名ではありませんが、私は、英語の教師であっても、日本人にとってそのほうが覚えやすいものだと認めざるを得ません。さらに、「サンダーバード」という愛称は日本の鉄道にとって長い歴史を持っているのです。何十もの特急「サンダーバード」が依然として毎日北陸と関西の間を走っており、皆その愛称が大好きです。しかもその名が雷鳥から由来していることを知っています。私はまた自然愛好家の一人としての経験からもその名付けを支持したいと思います。標高の高い日本アルプスにしか生息しない雷鳥を、霧深く「雷」雨のような悪天候に見舞われたときにしか見たことがありません。雷鳥は数が限られ,減少しているので登山者が十分に保護しなければなりません。その代わり、「サンダーバード」列車は自由にタッチ(touch)したり、キャッチ(catch)しても構いません。私は密かに「サンダーバード」が雷鳥の英語の別名になればいいなと願っています。皆さんはどのようにお考えですか。                                                              by Takanobu

 

What's New